押元一敏展

Posted on Posted in 個展

2018.2.23(金)〜3.3(土)
12:00〜19:00
日〜18:00   最終日〜17:00

東京藝大デザイン科描画系出身で、現在は母校で准教授をつとめる押元一敏の展覧会。
近年アジアの遺跡を取材し、タイのアユタヤ王朝時代の石像などを描いていたのも記憶に新しいが、本展ではその後訪れたカンボジア・アンコールトムのバイヨン像を水墨で描いた新作をご紹介する。
また、forestシリーズは下地を版で起こし手彩色で仕上げる、という新シリーズ。同じ版の反復とそのバリエーションに描画系のデザイン意識が見えて興味深い。

IMG_0483 IMG_0484 IMG_0485 IMG_0473 IMG_0475 IMG_0476 IMG_0477 IMG_0478 IMG_0479 IMG_0480 IMG_0481 IMG_0482

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です