小松謙一・藤森京子展〜アオゾラとガラス 〜 Lucky

Posted on Posted in 個展

2018.5.21(火)〜31(木)12:00〜19:00
日祝〜18:00 最終日〜17:00

2008年から毎年この季節恒例となっていた2人展は、高島屋さんの纜(ともづな)展と重なったため3年のブランクの後この度
7回目を迎える事となった。

10年前のDMに「繰り返す季節の景色と重なる記憶」を表現したい、と記してある。小松謙一は日本画、藤森京子はガラスとその専門は違っているが、それぞれの技法の境界を越えて新しい表現を目指したのだ。

初期は小松の日本画をガラスで挟み接着してはカットして立体にした作品を発表して清新なガラスの青空を画廊に展示していたが、回を重ねると共に鉄や和紙を使って溶接したり縫ったりそのコラボの方法が進化していった。

3年間のブランク期間に、藤森は和紙を縫う行為を独立して進め、当画廊で個展。
緊張感と清冽さが際立つ展示をして成長ぶりを示した。

今展では、日本のみならず中国も取材した小松のドローイングとともに半立体の和紙のオブジェも合わせてご紹介し、一人一人の作家としての軌跡も辿れる内容となった。

風薫る季節、帰ってきたガラスとあおぞら旅団の興行を是非ご覧いただきたい。

IMG_2033 IMG_2034 IMG_2035 IMG_2036 IMG_2037 IMG_2038 IMG_2039 IMG_2040 IMG_2041 IMG_2042 IMG_2043 IMG_2044 IMG_2032 IMG_2056 IMG_2045 IMG_2046 IMG_2047 IMG_2048 IMG_2049 IMG_2051 IMG_2052 IMG_2053 IMG_2054 IMG_2055

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です