個展

あゆみの会

2019.11.11(月)〜17(日)
12:00〜19:00  最終日〜17:00

あゆみの会とは故・松尾敏男先生の門下生による日本画の研究発表展である。

鈴木ちか子
辻村和美
中野昌子
柳田晃代
山中隆成

メンバーのなかで中野昌子は女子美大日本画科卒後、他の4人は多摩美大日本画科在学中から松尾敏男先生の薫陶を受けてきた。

所属する院展出品をメインに、本展では主に小品制作の勉強の場としてそれぞれが技量を磨くことを目標としている。

松尾敏男先生の揮毫による「あゆみの会」の額を中心に、大作とはまた違う難しさにチャレンジしたと思われるメンバーの作品が並んでいる。

院展出品の大作のみならず、馥郁とした香りの漂う掌の作品も多く残した松尾先生にならい、今年も5人の挑戦は続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です