個展

板東里佳展覧会ー共鳴する墨色

2019.11.18(月)〜24(日)

ニューヨークと帯広のアトリエを行き来しつつ、リトグラフと絹本の制作をする板東里佳の2年ぶりの個展。

彫刻家の夫君・板東優氏の住むN.Yに移住し、Art student leagueで石版リトグラフを学んでからはや30余年。リト制作を続けながらの子育ても一段落し、夫君の故郷•帯広に滞在する事が多くなってきた頃、絹本水墨の魅力に取り憑かれた。

もちろん、大理石の版もプレス機もない帯広でのリト制作が難しかったこともあるが、絹地にしなやかに走る墨の美しさに出会いが大きな転換点になったのだろう。

石版にクレヨンで丹念に描き込む技量を持つ里佳さんが、今度は筆を取って墨を磨る。中国の古い茶墨で、白黒が共鳴し合う呼吸を見計らいながら静かに筆を進めるのだという。

今回は襖に少し足りないくらいのサイズを3枚つなげた大作を描いた。仕上がって天井の高い広いスタジオに置いてみたら、絵から龍が立ち上がってきて驚いたのだとか。水や雲を描いていると知らず龍の形に成るのかと、白と黒の魔法を思わずにはいられない。

その大作を含め、野の花やドットを描いた清廉で思索的な作品が画廊を満たしている。見る人その人を映す鏡のような空間になった。静かに湛えられた水をのぞいて自分に会いにいらしたらいかが?かな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です