個展

長尾英代 日本画展

2020.11.16(月)〜22日(日)
12:00〜19:00  最終日〜17:00

1996年武蔵野美大院日本画卒の長尾英代。佐藤美術館の奨学生の一人でもあり、在学中からその存在感は揺るぎなかった。その後個展を中心に発表を続けるなかで今回のテーマとなる「物語」に出会う。
自身の成長に従って奥行を変える物語ーそのイメージの豊穣さを絵筆に託す事は、自分を描くことに他ならない。おおらかな画風はそのままに、賢治の煌めくような詩性に感応したリリカルな表現は見事! 22日日曜日まで必見です。

以下は、画家のコメント

昔読んだ物語を、時間が経ってから読むと印象が変わる事がある。
宮澤賢治の「やまなし」を改めて読んだ時、以前は印象深く記憶に残っていた5月の章より12月の章が心に沁みて、描いてみたいと思った。
今回の展示は、様々な物語から受け取ったイメージを膨らませて制作してみた。

長尾英代

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です