個展

幼なじみ&旅の仲間

鎌倉ご在住の幼なじみの方たちや旅で知り合った方たちのご来廊。鎌倉・御成小から御成中、七里ケ浜高そして予備校の鎌研を経て、多摩美日本画科卒という絵に描いたような道を歩まれた画伯。さすが地元の御縁が多いが、各時代のご交遊をしのばせる様々な方がお見えになところはお人柄ゆえか。
今日は、小学校からの幼なじみの皆様ー自称ハイミス五人組というらしいーのうち三人の方が。ハイミスとはまた時代がかったいい方だが、見た目はまだまだミス鎌倉で通るお嬢様がた。
手前の方は多摩美の染職科ご出身とのこと。他の科に友人が多いのも画伯の特徴。真ん中の画像の大久保宏美ちゃんは池田画伯の武蔵美のご学友であり、二週続けての登場となった。
鎌倉の海を守る会で知り合った小倉嬢はデザイナー。市民活動の中で、画家の世界だけでは知り得ない色々な方達から薫陶を受けているに違いない。
また、スリランカへの旅の仲間の方々も。本間姉とタム姉と画伯に呼ばれる彼女たち、青年海外協力隊として現地で活動している時に、画伯のお世話をしてくれたのだという。気がつけば今日もいい女たちのエネルギー満載の一日だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です