未分類

ハンサム樋口画伯最終日

連日のお客様を、華麗なるフットワークでお持てなしつつ、いよいよ大団円の今日は明石から橘万里子ママが。
悦子も今日は朝から大忙し。適切なハンサム君のサポートを受けつつ、各種仕事を。
一息ついて、万里子ママのご友人・築地の鮭問屋さんの若奥様よしみさんとお嬢様の早絵ちゃんとお茶っこ。ママからは神戸マキシムのお高い万円お帽子をいっぱい頂く。帽子なくしては語れぬ悦子にとって、塩辛い鮭の皮とともにうれしいプレゼント。
来週は橘家の令嬢・裕子ちゃんとニューヨーク行きの悦子、どの帽子でいこうかな。
ちょうど、いらした武田州左画伯は樋口画伯が美大一年の時の四年生、悦子の一年下の学年にあたる。二人目のお子さんが夏誕生予定との事で、なにより。万里子ママにご紹介できてよかった、よかった!
後ろのかっこいいガイは画伯のサーファー友達。そういえば裕子ちゃんもハワイにサーファーの友達が一杯の筈。ご縁がまたあるといいな。
てな事で盛り沢山の今展、画伯の新境地に驚く皆様を横目にみつつ悦子的には大満足。一歩踏み出した樋口画伯の意欲を高く買い、プロへの一里塚をクリアしたとして評価したいと思う。これからどんどん増えるハードルを、果敢に乗り越えて欲しいと祈るや切。
ご来廊の皆様、ありがとうございました。樋口画伯に更なるご声援を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です