個展抽象画

羽黒洞・木村品子社長ご来廊

幅広い人脈を誇る中尾画伯、かつては肉筆浮世絵の修復を手掛けていたとのこと。その当時お世話になっていた、湯島の老舗・羽黒洞木村東助の品子社長が駆け付けてくれた。すでに伝説になっている画商木村東助氏の厳しい薫陶をうけた画伯、今でも修復のお仕事のプロ。
今展では、自作を表装したが一年あまりでそれが出来るようになったというのも、下地にそういう技があってこその事。
今日は、日本画修行時代の仲間・渡辺氏ご夫妻もご来廊、なつかしい
四方山話に花が咲いた。また昔の仕事仲間・写真家の龍角氏ご夫妻も。奥様の光子さんのお顔、どこかでお見かけしたことがあるなぁと思っていたら、な~んとおとといまで京王の同じフロアでご一緒していた方。
またもや世間は狭い事件、どこでどうつながっているやら。
また茅ヶ崎・ギャラリー俊でのグループ展最終日にこれから出かけるという陶芸家の佐伯守美氏もお迎えし、痛飲放談した初日茅ヶ崎館の夜の顛末を語る。あ~熱い男たち(だけ)の夜はさぞや、、。

羽黒洞・木村品子社長ご来廊” への1件のフィードバック

  1. はじめまして。羽黒洞先代社長の名前ですが、木村東助でなく東介ではないでしょうか?僭越とは思いましたが御連絡まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です