未分類

森恭ニ展ご紹介

2003年に個展開催した森京子画伯の夫君・恭ニ氏の展覧会が茅ヶ崎市立美術館で今日まで。
作品のお届けもあることにつき、ちょいと無理して拝見に。御覧のとおり作品と一体化した森氏、美術館内を見事にレトロな空間に異化しておりましたな。
漆の作品も前の展示の時よりしっくり見えたような気がするのは、舞台のせいか。大人になってから、小学校の中に彷徨いこんだようなスケール感が面白い。
葉山に越したら、二人ともがんがん制作するんだろうな。がんばれ~!
午後は友人の座古瑞穂ちゃんが出演する大江戸助六太鼓を聞きにおでかけ。こういう時だけは時差ぼけがなおる、、?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です