個展

村越由子展ームラコ画伯は白百合育ち

昨日いらした鎌倉のお友達は、幼稚園からの同級生。聞けば湘南白百合で14年間ご一緒だったとか。今日来廊の方もまた。さすが、鎌倉なのはかたや能楽師のお嬢さんである小山慶子さん、かたや声楽家にしてオペラ演出家の奥様という松山由佳さん。ちいさな頃から能舞台の松を見なれた小山さん、日本画にたいして古臭~いというイメージをもっていたそうだが、ムラコ画伯の絵をみてその清新さに驚き好きになったという。
ご主人と連れ立ってお越しの松山さんは、トスカーナの平野のような「緑の声」がお好み。こんな風の通る野で歌ったら気持ちいいだろうなぁ。
明石からは筑波大ご卒業の筧有子さんが、ご友人の和田あやめさんとご一緒に。偶然にも地元での個展で、悦子の兄貴分姉貴分橘さんご夫妻と知り合ったという。もうすぐご主人の転勤先ハンブルグへ旅立たれる筧さん、いい出会いがありますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です