個展

村越由子展ームラコ画伯展大団円

無事銀座デビューを果たしたムラコ画伯。どきどき、の日々も今日でおしまい。多くの方が駆け込んで下さった最終第四コーナー、ゴールに間に合わなかった下の画像の方々を特に御紹介。
まず、12月1日から個展予定(!)の武大人。後二週間しかない超タイトなスケジュールをさいて来てくれた。また多摩美ーズ大御所の北村さゆり・渡辺薫両画伯も白い壁の前で呆然。沖縄旅行から帰ってきたばかりのトシ君画伯のお土産・ラフティーを肴に、お疲れの一献ということに。
自分のグループ展も最終日の井手尾節子画伯が立ち寄ってくれた他、時間内セーフの方々ありがとうございました。
昨夜は、結婚したばかりの工藤ちゃんがご主人とともに来てくれたので、御同席の加藤画伯、松谷画伯、池田画伯、たっちゃんとワインで乾杯!恥ずかしがる工藤ちゃんをなだめすかしてお宝画像ゲットするも、間違えて画像消去しちゃうのは何故?悦子のバカバカ!
武大人の肝入りで湘南グループに混ぜてもらえることになったムラコ画伯。片瀬山なのに今まで御縁がなかったのだそうだ。なんと高校時代に、旧金沢アトリエで内山徹画伯の薫陶を受けていた過去が。今日来てくれた阿部千鶴画伯旦那の田尾憲司画伯が、内山画伯から引き継いでいる予備校講師というお役。他の教科と違い、美術の場合は一生の御縁となる可能性も(武大人と松谷画伯の例をみよ)。しかし、どんな御縁も画家同士として五分五分の付き合いになるや否やは、それぞれの今後の精進にかかっているといえよう。願わくは良い御縁に。
意外や、悦子と同じB型と判明したムラコ画伯の血液型、まだまだ引き出しがたんまりありそうな気配。銀座初個展を経てさらに飛躍されるよう切に祈るものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です