個展

落合浩子展ー なぜかインドの大地の母

昨夜は、京都にあって蕎麦好きという不幸なマカロン落合画伯のために、お江戸の蕎麦やで一献。近所の「三日月」というお店は、蕎麦や不毛の銀座にあって「吉田」に引けをとらない名店。
まづは四季桜の吟醸で、ばくらい(このわたとほやのあえたン)と有明の焼き海苔、玉子焼きを。しかるのち菊姫のぬる燗をちびちびやりながら、鴨せいろの鴨をまず食す。う~ん、佳きかな佳きかな。
思わずたのんだ大盛りは、ちと恥ずかしい乙女心なれどマカロン画伯の期待に満ちた眼差しは裏切れまい。いと高き音たてつつ蕎麦をたぐれば、手だれの蕎麦っ食いも驚く画伯の作法の見事さ。後は声もなくひたすらズズッズズッという音だけが…。
さてインドだが、この間一か月かけて祭りだらけのインド・ネパール取材をしてきた京都の竹内淳子画伯の消息を伝える土産が届いたもの。なんともかわいい刺繍のついたショールは、めくるめく銀座の夜風のなかに立つのに最適。お財布も心もそぞろ寒の悦子に、ありがたいアイテムとなった。そこで感謝のコラボ画像。題名「大地の母」。やや憂いを秘めつつ、生かされている事への感謝と祈りを捧げてみた。
無事病院から生還の、不死身のコレクター中村会長と評論家の中野中氏、出張帰りの珍味担当役員杉田氏、プリンス行近画伯、上海帰りの朱画伯、尾長画伯など今日は男性陣が多いなかに先日個展をおえたばかりのムラコ画伯、最後に浅見画伯のご登場。林田パパも京都甘もの責めにはかなわない、ご自分でお薄をたてて喫茶されていかれた。お見事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です