個展

落合浩子展ー落合画伯、一旦京都へお帰り

お父様たちとご一緒に上京中だった落合画伯、一旦戻られて御用事を果たされた後二十四日再上京の運びに。
落合画伯の絵にあわせて少し暗めに調整した画廊内は、いつもより落ち着いた感じにまったり。
今日は、先日も御紹介したワケさんこと分島氏が、お仕事のパートナー・羅漢工房の浦野氏とご同行で。かねてよりお約束の、螺鈿の蒔絵厨子をみせてもらう。お二人で文化財修復の仕事を続けられるうち、創作意欲も燃えてきたとのことで、以下の画像の作品を完成されたとか。
ワケさんは、変わった経歴が多い悦子同級生の中でも、一、二を争う男。中高時代は蝶の採集のため、海外を含めた僻地を飛び回り多摩美には大検で入学。抽象にあらずんば絵にあらず、という時代の風潮の中で一人だけ伝統的な日本画を描いていた。チェンバロも自作するこの御仁、早々と古画の模写などに卓抜な技を見せて新聞にも取り上げられながら、日本画ではなく修復の折に身につけた漆の作品で世に出たいという。
先輩格の浦野氏との共同製作という厨子、伝統工芸系の枠をはみ出たエキゾチックな仕上がり。蒔絵のアールヌーボーといった趣でワケさんの趣味そのもの。トカゲが守る骨蔵器って凄いよね。もちろん愛する蝶も鱗粉をきらきらさせている。いずれ、まとまった作品として御紹介する機会をと思っているので、乞うご期待!
さて、偶然にもトシ君・きりん両画伯も御来廊のタイミングに茅ヶ崎の吉田氏、サウジアラビアから帰国の鈴木氏、倉島重友画伯夫人千賀子さんなどでにぎやかに歓談の一時を。
京都の落合画伯には申し訳ないが、春彦さんご持参・茅ヶ崎のわらび餅は絶品で、きりん画伯はきな粉までぺろり。
悦子は今夜はパソコンの特訓。家庭教師役の水内嬢もご一緒に今日の画像を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です