個展

落合浩子展ー帝国な夜、ふたたび

あれは半年前、アズピ画伯個展中に有閑マダ~ムとなって帝国ホテルにお泊まりしたことが。今回のシチュエーションはキャリアウーマン。たまには優雅に都心のホテルで心身を癒して、というアズピ画伯の暖かいお心配りに感謝しつつ、嗚呼なぜか宛名張りをしている悦子。帝国の、しかも最上階タワールームで内職しているのはきっと私たちだけよね。
お食事は、林田の御大お勧めインターナショナルアーケード内ちゃんこの店で。帝国に隣接するこのアーケード、名前は凄いが実は戦後の闇市を思い起こさせるレトロな場所。絶妙なさびれ感のなか、アルミの鍋で供されるちゃんこはさすが老舗の味。ちゃんこ初体験のアズピ画伯が十両「諏訪ノ海」だとしたら、私はさしずめ大関「悦昇龍」。行司・式守裕之介の厳正なるしきりのもと、がっぷり取り組ませていただだい
た。ごっつあんでした!!あぁ落合画伯、何故いない!?
さて、話は前後して肝心なお話。画廊には美術関係編集者山内女史と名古屋からお越しの画家久世氏、原さやかちゃん、個展が終わったばかりの加藤良造画伯などが。おりしも上京中の岡崎・文経堂の渡辺行之助氏と表具の話など。蕪村の落書きの修復から巻き物の断切のこと、その場に立ち会わないと聞けない話をいろいろ…。御勉強になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です