個展

落合浩子展ー世は連休、、されど画廊な日々

連休のど真ん中。表通りはさぞや人で溢れかえっているに違いないとおもわれるが、画廊街は静かなもの。でも、こういう時こそ珍しいお人が現れる。
まずは今村ご夫妻の御登場。今村氏は元敏腕CMディレクター、さぞやブイブイいわせていただろうアーテステックな男である。友人毛藤氏奥様の姉婿なのに、最近は友人よりお目にかかる機会が多い。今日は奥様ご同伴で。
やんちゃを絵にかいたような今村氏だが、芸術を愛することにかけては筋金入り。悦子がフーテン志願の時には、高等遊民といった人たちがいて日がな議論を尽くしていたものだが、今村氏はさらに文人の気配もあって優雅な遊びを楽しんでいるらしい。人をみて楽しみ、お日様をみて楽しむ、、今日は落合画伯の作品と遊んでいってくれた。今村氏のお気に入りの「象」という作品の前でツーショット。
かたや、このたび創画会 の新会員となった武田州佐画伯。京都創画のパーティで落合画伯とあったのだという。あちこち忙しいなかの今日の御登場はうれしい限り。実は武田画伯、悦子とは予備校からのお付き合い。その頃から折り目正しい青年だったが、今も変わらぬ品の良さには頭が下がる。初日に書いた落合画伯との御縁は、浅見・武田・間島三人展を見に来てくれたことからだから尚更。
明日は戦線復帰の落合画伯を待ちながら、連休のさなか来て下さった方々のご紹介まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です