おでかけ

川崎さいか屋で大野麻子展

当サイトでもお馴染みの大野麻子画伯の展覧会が、19日から25日まで、川崎のさいか屋で。ご担当は吉田正美氏。初日の今日はさいか屋美術画廊のマドンナ・永澤嬢のために、例のかぶりもの(今回はカッパ)をつくった麻子画伯による献上の儀が。 もう一人のマドンナ・窪田嬢も麗しく参加し、つつがなく儀式を終えた顛末をご報告。
小雨ちらつく川崎だが、麻子画伯の春色で画廊のなかは明るい。いつもてきぱき出来る系の永澤・窪田両嬢も、かっぱの甲羅を背負ってうれしそう!麻子画伯のかぶりものは超レアな縁起ものにつき、今後の「大吉」は約束されたといえよう。いい出会いがありますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です