人物

高村木綿子展 最終日は台風とともに

ここかと思えばまたまたあちら、浮気な人ね~♪というテーマ曲とともに、悦子無事画廊に帰着。なんっとか最終日に間に合う。
心細い想いをしていた筈なのに、木綿ちゃん画伯はけなげ。しっかりサポートしていてくれた綾ちゃんにスペシャルサンクスを。
秋田のうちの畑の玉蜀黍や漬け物などでまずは祝杯!東京に向かう新幹線は、嵐のなかに突っ込む勢いだったが、画廊は夕方に向かうにつけ木綿ちゃん画伯の友人たちで賑やか。
何はともあれ、初個展の感想は如何?と聞くと「毎日絵のあらが見えて来て…」と殊勝なお言葉。毎日のお客さまが、鏡のように絵と自分を映していった事だろう。さらけ出して初めて分かったことも沢山あった筈。記念すべき第一歩になりますように!
さて、帰って来てなにもしないのもなんだから、麻ちゃん画伯とアズピ画伯の置き土産を使わせていただいた。母牛役も大分板に付いて来てもう貫禄の域。綾ちゃんは、さすがモデルさんだけあってポーズばっちり。いうことなし!根性もあるし、モデルにしたい方は是非ご連絡を。特に芸大美大関係の方よろしく。キラキラドレスの木綿ちゃん画伯もきれい~。今日いらしていた殿方は超ラッキー、かも。御常連の方々、どうぞお許しを。真夏の夜の夢につき…。では、21日の柴田由美子展までしばしのお休みを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です