おでかけ湘南

鎌倉探訪 けもの道編

鎌倉の瓜南邸でお仕事の打ち合わせを今日は。三時間ほど画廊を抜け出して潮の香りを嗅ぐのもなかなか乙なもの…とはいいながら、実は鎌倉は小町通りのけもの道しか悦子は知らない。
打ち合わせ後、瓜南画伯御用達の某店へ。夕方から画廊で用事があるので今日は日の高いうちから乾杯ざます。某店のマスターてつや氏は画像の通りハードボイルド。風呂上がりの火照った体を冷ましつつ迎えてくれた。
本格バーながらおつまみがお茶目。サラミの豪華半本丸かじりー注文する時は「きくちゃんサラミ」を、と。今回は特別に瓜南画伯が盛り付け担当。一段と白磁の皿に映える逸品に。
窓から瓜南邸が見えるような距離なので、ほとんど居間のような案配に寛がれているお二人の御紹介。シュワルツネッガー系のてっちゃんが
しぶ~く対応、関西系伴大魔人の放つ必笑ジャブを余裕でかわしておりましたな。
明日から始まる京王百貨店の搬入を夕方に控えた悦子、帰りの横須賀線で英気を養い(バク睡?)つつてつやさんの夢を…。

鎌倉探訪 けもの道編” への1件のフィードバック

  1. いつか銀座の画廊に伺いたいです。小生勤務先が品川駅なので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です