個展

つぬけの会

2016.2.8(月)-14(日)

釣り好きで、東京藝術大学出身の5作家の作品展です。
つぬけとは、釣り用語で釣果を数えるのに1〜9までは「ひとつ」〜「ここのつ」と「つ」がつくのに、10をこえるとつかなくなることから、10匹目を「つぬけ」といい大漁を意味する言葉。
小山松 隆(洋画)
小林 正誠(洋画)
鈴木 よしひろ(イラスト)
内藤 友博(彫刻)
宮地 陸明(墨彩)

018 017 016 015 013 012 011 010 009 008 007 006 005 004 003 002 001

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です