松崎和実展 箔画Ⅴ & Ink drawing

Posted on Posted in 個展

2016.10.17(月)~23(日)会期中無休
12:00~19:00 最終日~17:00

水墨画の前衛として国際展にも出品していた松崎和実は、箔に魚を描きそれを切り抜くという現在の技法を確立し「箔画」家として鮮烈に登場、以来着実に歩を進めて今日にいたる。

久々の里帰り展ともいえる今展では、ルーツの水墨に心を寄せた作品も発表し、この十年を振り返りつつ新たな展開をご紹介する趣向。

fullsizerender-1 fullsizerender-2 fullsizerender img_4282 img_4292 img_4293 img_4294 img_4295 img_4296 img_4297 img_4298 img_4299 img_4300 img_4301

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です