大原奈穂子展

Posted on Posted in 個展

2016.10.31(月)〜11.6(日)12:00〜19:0.0
日・祝〜18:00 最終日〜17:00
2000年に多摩美大日本画専攻卒の大原奈穂子が、花鳥画に著しい境地を見せて銀座に再び登場した。
かつては人物画を主なテーマとしていたが、故郷鹿児島に戻る頃から花や鳥など自然に親しみながら日本画の基礎を学び直そうと、一から挑戦し始めたという。
竹内栖鳳の画風を慕い、それに連なる上村松園や上村松篁の作品に習いながら、故郷で一人腕を磨いてきた。
今展では、松柏美術館の花鳥展で優秀賞を受賞した作品を更にブラッシュアップした「夏の果」をはじめ、研鑽のあとが偲ばれる力作が揃った。
淑やかなお人柄の奥に薩摩おごじょの芯の強さが仄見え、頼もしい。

img_4387 img_4383 img_4380 img_4379 img_4377 fullsizerender-16 fullsizerender-15 fullsizerender-14 fullsizerender-13 fullsizerender-12 fullsizerender-11 fullsizerender-10 fullsizerender-9 fullsizerender-8 fullsizerender-7 fullsizerender-6 fullsizerender-5 fullsizerender fullsizerender-4 fullsizerender-3 fullsizerender-2 fullsizerender-1