直野恵子展

Posted on Posted in 個展

2017.1.27(金)~2.4(土)12:00~19:00
日・祝~18:00    最終日~17:00

女子美大日本画科を卒業してはや20年。
文月会という創画会に出品する女子3人のグループ展が機縁で、以後柴田悦子画廊で個展を開催してきている。
世の中も刻々と変化し、画壇の趨勢も移りゆく中に、直野恵子はただただ自分の手元を見つめ心の動きを記してきた。
近年は墨の仕事に打ち込み、紙や筆の研究を実作を通して行なっている。
こういう地道な仕事は1年2年の単位では中々その成果を示せないものだが、10年立つと明らかに証左を示せる。
今展では、コツコツ集積してきた墨の実験が、初めて大きな画面に現れてきた。
ミリ単位の余白のバランスを壊さぬようパネルを特注。
ここに立ち現れる「白鳥の歌」を誰か聞きとってくれるのを待つとしよう。

IMG_4894 IMG_4895 IMG_4898 IMG_4899 IMG_4900 IMG_4902 IMG_4903 IMG_4878 IMG_4879 IMG_4880 IMG_4881 IMG_4882 IMG_4883 IMG_4884 IMG_4885 IMG_4886 IMG_4887 IMG_4888 IMG_4889 IMG_4890 IMG_4892 IMG_4893 IMG_4891

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です