頴川麻美子えがわまみこ日本画展

Posted on Posted in 個展

頴川麻美子えがわまみこ日本画展
2017.5.15(月)〜21(日)12:00〜19:00
最終日は17:00まで
2012年に柴田悦子画廊で初個展の頴川麻美子だが、画歴は京都芸術短期大学(現・京都造芸大学)在学中の1993年に遡る。卒業後も京都に留まり、母校の通信教育部日本画科の非常勤講師などを務めながら旺盛に個展発表をしてきた。
その後、制作の拠点を故郷横浜に定めて今に至る。帰郷して故松尾敏男先生の指導を受けられてから5年の歳月が流れ、久々に作品を拝見すると、京都で学んだ品格と東京で研鑽した実在感が見事に融合し、実に深みのある世界観を醸し出している。
京都で私淑していた中野弘彦画伯、東京でご縁を得た松尾敏男画伯、ともに鬼籍に入られ、無常感を覚える日々というが、エネルギーに満ち溢れた若い時には見えない様々な諸相があるのだろう。
初学から数えてほぼ30年、絵筆で描きわけてきた花々の景色にその諸相が重なり、染み入るような心地にならせてもらった。

IMG_5455 IMG_5456 IMG_5458 IMG_5479 IMG_5483 IMG_5484 IMG_5485 IMG_5486 IMG_5468 IMG_5469 IMG_5470 IMG_5477 00000 IMG_5471 IMG_5473 IMG_5472 IMG_5475 IMG_5476 IMG_5478 IMG_5461 IMG_5462 IMG_5488 IMG_5487 IMG_5463 IMG_5465 IMG_5467 IMG_5460-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です