平野俊一展 最終日の面々

投稿日: コメントするカテゴリー: 個展

トシ君画伯の最終日は愛妻麒麟画伯と仲良く二人で。初日最初のお客様はかの大先輩・仲山計介画伯だったが、最終日の今日は久々の多摩美ーず同級生が。一人は工藤安代ちゃん、アートコーディネイトの世界で活躍するバリバリのキャリア。なんと前の会社在籍中に一年ずつ休暇をもらってアメリカで環境アートの修士をとってきたというつわもの。なにか辛いことがある度、まだ柴田さんがいる、と自らを励ましてきたそう。もっとひどいんかい、悦子のほうが。
もう一人は坪田喜久子ちゃん。この方もただものではない。ある時はニューヨーク、ある時はマダガスカルとさすらいの人生。ほんとはお嬢様なのに、突然消えたと思ったら思いがけない消息が。今日もその冒険潭の前半を。後半はまた後日ということに。全編揃ったら皆様にもお披露目。もう悦子的には受け捲り!み~んな色んなことがあって大人になるんだね、としみじみ…。
トシ君画伯のお仕事関係の建築家三木氏と坂本氏も。麒麟ちゃん関係では、インテリアコーディネーターの山村さんと三浦さんが駆け込みで。皆様ありがとうございました。
明日から大野麻子画伯の展覧会、お楽しみに。

平野俊一展 2nd 黒光画伯とトシママ

投稿日: コメントするカテゴリー: 個展

京都から、黒光茂明画伯のご来廊。エレベーターで乗り合わせたものの、様子のよい殿方をそうじろじろも見れず「何階ですか?」と聞くと二階という。さては大坪さんのお客さまか、と思いきや画廊に入っていらっしゃる。え、どなた様?とはじめてお顔を見ると、な~んと先生だったという顛末。いつ気がつくかと楽しみにしていたらしい。
先日、砺波の美術館で先生の大作を拝見してきたばかり。懐かしく思っていただけに驚きもひとしおだった。滋賀の御自宅には比叡越えでよくうかがったもの。淡い色が微妙に重なりあう絵肌ごと時代が蘇るのが不思議…。
久闊を叙していると、トシ君画伯ママがお友達とご一緒に。幼稚園からお絵書き教室に通っていたトシ君画伯。その画業の第一歩からママはよく御存じ、なのでちとこわい。今回は、近所の鶴見川の印象からおこした絵もあって感慨深げ。
そのものを描く絵ではないが、その背後にある景色を見ようとするトシ君画伯の感受性が十分感じられる作品は今回また深みを増した。一つの世界の側に、もう一つ別の世界があるかもと、目をこらして見ようとする感性は彼ならでは。
自分の内側を覗き込んで、何を感じているのか問いかけ続ける作業に終わりはない。これがほんとなのか、という呟きは絵筆を置いた瞬間にまた…。

<–展覧会を見る

Pages: Prev 1 2 3 ... 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39