来春は10日(日)より堀文子教室同窓展です。

Posted on Leave a commentPosted in 個展

12月27日(日)をもちまして2015年の展覧会が全て終了しました。今年一年お付き合い下さいましてありがとうごさいました。
画廊には年末の日曜日にもかかわらず、大勢の方々がいらして藤森京子さんの新しい仕事を評価して下さいました。
ご本人も、ガラスワークとはまた違う手応えを感じたようです。
さらなる成長を期待しつつ、仕事納めといたします。
皆さまには良いお年を!
来春は10日(日)より
995306_580237562124104_1974684576372125229_n

藤森京子展 ー積(ひだ)ー

Posted on Leave a commentPosted in 個展

2015.12.21(月)〜27(日)
12:00〜19:00最終日は〜17:00

ガラス工芸という本来のフィールドから離れ、和紙に糸という柔らかい素材を使用してオブジェを制作した。

幾重にも縫っては破れ、破れては縫い合わせる、という営為によって作品は次第に服というカタチを離れ、自由に増殖していく。

決して着られない服の一群が放つ静寂の音に耳を澄ませて欲しい。

0005 0004 0003 0002 0001 022 021 020 019 018 017 016 014 012 011 010 009 008 007 006 005 013015004 003 002 001

三笑展

Posted on Leave a commentPosted in 個展

2015.11.29(日)-12.6(日)

橋本龍美 野崎丑之介 牛嶋毅 虎渓三笑 晋の慧遠(えおん)法師は廬山に隠棲して二度と虎渓の石橋を越えまいと誓ったが、訪ねてきた陶淵明と陸修静を送っていきながら、話に夢中になって不覚にも石橋を渡ってしまい三人で大笑いして別れたという「廬山記」の故事。 東洋画の画題とされる。

御大・橋本龍美画伯は奥様を亡くされてから筆を置かれて調布の里に籠られておられる。

これを惜しんで、我が野崎丑之介と牛嶋毅が何とか橋の所まで連れ出して来たのが本展。

二人の供を引き連れて橋本画伯の呵々大笑が聞こえるようである。

黄門さまと助さん格さんの道中とも見えるこのコンビネーションを是非ご覧ください。

002 003 004 005 006 007 008 009 010 011 012 013 014 015 016 001 017 018 024 023 022 021 020 019

Labo27th since1989展

Posted on Leave a commentPosted in 個展


2015.10.31(土)〜11.8(日)

麒麟/越畑喜代美/平野俊一
多摩美大日本画科1984卒のメンバーによるグループ展の27回目。
20代の若者たちもいつの間にか50代に。
どこまで記録を伸ばせるか目の離せない展覧会となりました。

017

008

012

013

015

002

006

016

018

001

009

004

019

014

011

003

020

007

021

005

010

板東里佳展 The still of the water

Posted on Leave a commentPosted in 個展

2015.10.19(月)〜30(金)
12:00-19:00 日曜〜18:00
最終日〜17:00
在住するNYで学んだ石版リトグラフの技法に磨きをかけてきた板東里佳が、絹本に墨という伝統の素材に初めて挑んだ。
今展では、異なる技法を用いながらそれぞれの特性を活かして描いた美しいグレーの世界をご紹介する。

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11

日本画小品展 斎藤弥 斎藤さゆり

Posted on Leave a commentPosted in 個展


2015.9.25〜10.3 日曜休
12:00〜19:00
最終日は〜17:00

多摩美大卒の弥(わたる)さんと武蔵野美大卒のさゆりさんは共に日本画科出身のご夫妻です。
自宅近くの鶴見川に集まる様々な生き物たちを、それぞれの視点で描きました。
弥さんは鳥のいる風景、さゆりさんは花を主に発表しています。

1 2 3 4 5 6 7 8 9

旅するキモノ展

Posted on Leave a commentPosted in 個展

8月23日日曜日から30日日曜日まで

旅するキモノー名残りの夏

越後上布や能登上布、壁上布、絹紅梅、夏大島に絽や紗など大好きな夏素材の布を洋服に仕立てました。
夏休み明け、密かに画廊でファッションショーなどをして楽しみ夏を惜しみます。

14 13 12 02 11 10 09 08 07 06 05 04 15 03

 

ドローイングの娯しみ展

Posted on Leave a commentPosted in グループ展

8月1日より8月8日まで。
柴田悦子画廊で続けているデッサン会のメンバーに加え、今年展覧会を開催し強烈なインパクトを残した作家の作品を合わせて展示し、
1本の線が物語る世界を娯しんで辿っていただこうと企図した。
8月1日コンテンポラリーダンス の小島晴子をモデルに公開デッサン会。
着衣のお色直しも三度、圧巻のムービィングをご披露頂いた。
1

2

3

4

5

6

7

8

9

西村亨展ー人形事変ー

Posted on Leave a commentPosted in 個展

2015.7.3(金)〜12(日)
12:00-19:00. 日曜〜18:00 最終日〜17:00迄

また西村亨の季節がやってきた。1960年代のアメリカ文化と近未来が合体したような今作はいよいよ刺激的!
本展では、人形を組み合わせた写真も披露し、「エロスによる世界平和」を訴えるそう。
フラワーチルドレンは今、おっぱいにダイヤルをつけて回してくれる人を待つ。

001 002 003 004 005 006 007 008 009 010 011 012 013 014 015 016 017 018 019 020 021 022 023 024

箔画の愉しみ展

Posted on Leave a commentPosted in 個展

2015.6.23(火)〜30(火)

金や銀、プラチナなど金属を薄く叩き延ばした箔という画材。重厚で華麗な質感を背景に花を描いた作品を集め展示しました。
光線で印象が様変わりする箔画をより楽しんで頂くために蝋燭の灯りも用意しております。
城や寺社を荘厳する為、箔はよく使われましたが、揺らめく夜の灯りで更にその魅力は増します。
また、各画家のテクニックも比較してご覧に入れ、箔の多様性に迫る趣向です。

安住小百合 麒麟 鈴木強 竹内淳子 土屋聡 松谷千夏子 森田晴樹 山田りえ

001

002

003

004

005

006

007

008

009

010

011

012

013

014

015

016

017

万葉の世界を描く日本画展

Posted on Leave a commentPosted in グループ展

2015.6.1(月)-10(水)

出品作家
池田美弥子 ・越畑喜代美・ 小松謙一・ 鈴木強・松谷千夏子・山下まゆみ・ 山田りえ

7回目を迎えた万葉展ープレミア値段の団扇も短冊の書も洗練されてきました。
初日6時からは、會津八一記念館秋艸会の鈴木清一副会長をゲストに八一の万葉ぶりの歌のご紹介など興味深いお話を。
万葉秀歌に刺激されて生み出された後世の歌に触れ、今と昔が交錯した夜となった。

万葉01

万葉02

万葉03

万葉04

万葉05

万葉06

万葉07

万葉08

万葉09

万葉10

万葉11

万葉13

万葉14

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 34 35 36 Next